携帯ケースの素材別メリット

携帯ケースの素材別メリット 携帯ケースには様々な素材のものがありますが、それぞれどのようなメリットがあるのでしょうか。
ポリカーボネート製は軽くて薄く耐衝撃性も高いです。
加工しやすいのでデザインが豊富です。
シリコン製は滑りにくいので手に持った時に使いやすかったり、落としてしまった時など傷がつきにくかったり破損しにくいというメリットがあります。
TPU製(ThermoplasticPolyurethane:熱可塑性ポリウレタン)は扱っている業者が少ないため種類は少ないですが、ポリカーボネート製とシリコン製の両方のメリットをそれぞれ持ち合わせています。
アルミ製は耐衝撃性が高く質感も高級感があるところがメリットです。
レザー素材は手帳型になっていることか多く、携帯ケースとしてだけではなく中にカードが入れられるようになっているので通勤通学などSuicaを入れておくなど、便利に使えます。
また手帳型なので画面を保護する意味でもメリットは高いです。

携帯ケースの形状別メリット

携帯ケースの形状別メリット 携帯電話にケースを備え付ける目的は2つあります。
1つは傷や衝撃から携帯を守り、耐久年数を向上させることです。
もう1つが見た目に変化を与え可愛らしくアレンジできるという点でケースを取り付ける場合があります。
デザインや形状も多種多様なものが販売されており、手帳型ケースとシリコンタイプのものが人気を集めています。
手帳型のメリットは、本体すべてを覆う形状をしているので傷が付きにくくシステム手帳のような外見になってスタイリッシュに見え幅広い年代層から支持されています。
手帳のフタ部分があるせいで通話中やカメラ機能を使うときは邪魔に感じてしまうのがデメリットです。
シリコンタイプのものは、背面だけに取り付けて傷が付かないようにガードをします。
とっても軽量で薄くカラフルなものが販売されており中高生に人気を集めています。
画面はガードをしてくれず、衝撃を予防する効果がないのがデメリットですがカメラ操作や通話のしやすさがあります。